需要と供給の関係性からいくと仕方ないかも。

品薄のPSPが法外な価格で売られていたそうな。
消費者からすると、ふざけるな!って感じだけど、
メーカーはさすがに文句をいえないよなー。
独禁法に違反するんだもんね。

それだけに、その法外な価格は、品薄状態が続く現状においては
PSPの現在の価値ともいえる。
価格をつけた店は、PSPの需要と供給のバランスに沿った金額を
設定したんだもんね、きっと。

でも、PSPは限定品じゃないもんね。
品薄状態は解消されるのは確実なんだから、
しばらく待つのが懸命だよね。

株券を買うときのように、
冷静に待ち、買い時に素早く動く。
なんだかんだいって、
そういう考え方でいるのが一番いいと思うよ。
[PR]
by takata73 | 2004-12-19 09:38 |
<< 偉大な歩み。 どうせなら…。 >>