形勢逆転だね!

「猿」でできたブッシュの肖像画が巨大電光掲示板として復活した。

展覧会に展示された批判的な作品を
うまく排除できたなと思っていたら
巨大掲示板として、
より多くの人の目に留まるようになってしまったのだから、
痛快な話しである。

おまけに撤去騒ぎにより、この肖像画の存在は
世界的に知られたものになっていただけに
排除に関わった人たちは思いっきり誤算。

やはり表現の自由を妨げるものは
痛い目をみるのだなと改めて感じた。
[PR]
by takata73 | 2004-12-23 10:57 |
<< 子供のような喧嘩だなー(笑)。 子供の生活はメチャクチャになっ... >>