オツですなー。

ドイツで最多部数を誇る新聞は
クリスマスの日、紙面に良いニュースしか載せないそうだ。


「我々は明るいニュースだけを求めているが、そういうわけにはいかない。
だから、せめて良いニュースっぽく書こう」という考え方により、
このようなことをやっているそうだ。

なかなかオツなことをするね。
こういうのって大好き。

とはいえ、ネガティブなニュースも載せなければならない。
そんなときはポジティブな感じで書くとのこと。
結果、皮肉たっぷりの記事になるんだけど、
読んでいる人がクスッと笑える感じになっている。

日本でもそういうことをして欲しいね。
そうすれば、少しは明るくなりそう。
[PR]
by takata73 | 2004-12-25 23:30 |
<< ここの個人情報は価値ありそうだなぁ… 磐田のベテランはすごいなー >>