合掌

映画評論家の小森和子が死去。

小森のおばちゃまというと、
いつも片岡鶴太郎がひょうきん族で真似していたやつを思い出す。

それだけキャラが強烈な映画評論家だったんだなと
あらためて感じる。

考えてみると、淀川長治をはじめ、
映画評論家には
個性的な人が多かった。
昔はね。

でも、今はいないなー。
おすぎくらいかもしれないけど、
彼もあの時代の人だし。

これは映画が大衆文化としての
ランキングが落ちてしまったことを
示しているのかもしれない。

悲しいけどね…。

何はともあれ、安らかにお眠りください。
合掌…。
[PR]
by takata73 | 2005-01-09 21:05 |
<< 彼らしいなー さすが黒木さん! >>